kassei

ベタ基礎

kwad

こがね色の家では、「ベタ基礎」を標準仕様としています。ベタ基礎は、布基礎に比べ地盤に接する面が大きいため、建物全体の荷重を 地面で分散し 、不同沈下(建物が不揃いに沈下を起こすこと)を防止する 効果があるとされています。地盤調査の結果に基づいた基礎設計を実施した 物件には、地盤保証がつきます。万が一 不同沈下が起きて建物の重大な支障 が発生した場合にも修復費等が保障されるので安心です。

安全性と耐久性のある「ベタ基礎」

こがね色の家では「ベタ基礎」を標準仕様として採用しています。ベタ基礎とは、基礎の立ち上がりではなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。大きなコンクリートの板の上に建物が載ることで、地盤に対し家の荷重を底板全体で受け止め、不同沈下の心配も少なくなります。さらに、こがね色の家では、最も重要なポイントで ある基礎を守るために、天然素材の珪藻土砂利とエコボロンで湿気とシロアリの対策をしています。

afwea

従来の基礎工法である「布基礎」

布基礎とは、日本の住宅で一般的に使用されてきた基礎です。地面から突き出ているコンクリートの壁の部分を「立ち上がり」と言いますが、その上に建物の柱や壁がのり、その荷重を地面に伝える構造になっているため、ベタ基礎のように地盤に対し均等に荷重をかけることができません。

afweua